2007年09月20日

07.09.20朝の ’ステッペンウルフ’

07.09.20朝の ’ステッペンウルフ’なのだけれどもォ・・・
・・・撮り損なった。
今回も、9/18朝と似たようなこと。
到着と同時に、
いつも通り ’ステッペンウルフ’と ’親トラ’が来た。
ここで いつも通りにエサをあげればよかったものを、
玄関を網戸にして 先に用を済ませるために中へ入った。
ン? 父が居ない・・・
クソかぁ?
2階のトイレを トントン・・・、応答無し。
1階のトイレを トントン・・・、応答無し。
玄関網戸前では、よく喋る ’親トラ’が ミャオゥ ミャオウ・・・

なぁ〜んのことはない、父は 家の裏で 何か作業をしていただけ。
裏庭が有るわけではない。
以前にも書いたが、
人ひとり 通ることが出来るスペースに
工具・道具を収納させてあって
そこで  ”私には理解不可能な芸術作品” を作ったりしている。
Beyond my description ダ!
受験英語の慣用句を未だに覚えている私は凄い!
っと思ったが・・・
当初 ’discription’と書いて、
念のためスペルを確認したら 「description 」が正解だった。
トホホホホ・・・
己のボケを認め難く、誤記へ至った検証をした。
否定の接頭辞 「餡蜜(あんみつ)いんですノン」 、
’un−’、’mis−’、’in−’、’dis−’、’non−’。
法則に従ったつもりで、
「dis」 + ’cription’ であると 短絡したらすぃ。
誤りならば誤りなりに 経緯を正当化する気も無しに
’cription’の語意を調べたら、そんな単語は無かった。
トホホホホ・・・ 立ち直ることが出来ない・・・
チクショォ〜ッ!
じゃぁ、
「description」の否定語には
「餡蜜(あんみつ)いんですノン」の どれを充てるのジャァ?
Web翻訳サイトで
’undescription ’、’misdescription ’、’indescription ’、
’disdescription ’、’nondescription ’ を入力したら、
全て 日本語翻訳で表示された。
これは これで困ったものだ。
どれが 厳密な文法的に於いて正しいのかがワカンナァ〜い!
まるで、
私にとって真偽の程がワカンナァ〜い
 ”Wikipedia” の記述を読んでいるかのようだ・・・ ・・・
・・・ ・・・っと 負け惜しみを書いてしまった。

負け惜しみを書いてしまった今、
このページは
「07.09.20朝の ’ステッペンウルフ’」であることに気づいた。
このように私は
自分で設定したカテゴリーを無視して ”徒然道草” を書くから、
後で読み返すことが出来なくなってしまう。

父が、家の裏から玄関へ来た。
察した ’ステッペンウルフ’も、’親トラ’も 退散した。
父が家に入ったら エサをあげようと思って待ったが、
父は 前を通り掛った近所の方と 長話を始めた。
今朝のエサやりを諦めて帰宅することにした。
Web翻訳サイトで 「待つことの限界を超えた」と入力したら、
「The limit of waiting was exceeded. 」 と表示された。
これが正しい翻訳なのか 否かは、
残りの人生に於いて 些細なことだ。
 
 


posted by MITCH at 20:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野良猫「ステッペンウルフ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。